FX注文の種類

shopping01_lFX取引にはいくつかの注文の種類があります。まずは成り行きですが、すぐに成立する一方で瞬時の大きな値動きのために、思わぬ価格で約定してしまうことがあります。損切りのように急がなくてはならない場合には適しています。その逆が指値です。これは決めた価格で約定することができますが、なかなかその価格にならず、約定が遅れてしまう可能性があります。基本はこの2つですが、もっと便利な注文方法があります。まずはIFDです。これは新規と決済を同時に出せるものです。たとえば、アメリカドルを100円で買い、約定したら101円で売るということを一度に設定できるのです。これにより、常に為替の動きをチェックしていなくても注文と決済が自動的に行われることになります。もうひとつの方法は、OCOです。これはポジションの利益確定と損切りを同時に注文しておくことができるものです100円のアメリカドルを101円になったら利益確定、99円になったら損切りというふうにです。この設定をしておけば、儲けのチャンスも損切りのタイミングも逃さずに済みます。そして最後は、IFOです。これはIFDとOCOを合わせたものです。一度設定しておけば、ほったらかしにしておけます。忙しい方にもピッタリの方法です。