FX注文方法応用編

トレードの手法としては今のレートでリアルタイムに注文する成行注文、指定した値まで来たら自動的に注文する指値注文、そして逆方向に動いた場合には指定した値まで来たら自動的に注文か損切りをする逆指値注文。これらは基本的な注文ですが、トレードをするにあたっては更にこれらを応用した注文方法があります。まずはIFD、これはいわゆる注文するポイントを指定したら同時に約定をする予定の値も指定する注文です。この約定の指値は逆指値を指定することも可能です。そしてOCO、こちらは2つの数値を指定してどちらか片方の値まで来たら注文するタイプです。そしてこの2つを合わせた注文がIFO、注文は指値注文であり、約定はOCO形式で指値と逆指値を指定する注文です。更にOCOに関しては売買の注文をした後に指値と逆指値を同時に指定しておくという利用方法もできます。これらの注文方法はどちらかというと基本よりも多く利用することになる方法でしょう。というのも売買をするのと同時に逆指値を指定できるからです。始めたばかりの初心者の方等、利益が出せない方は基本的に損切りができない人が多いです。なので利益を出してもその後大きな損失を出して結果的にマイナスで終わるということは多々あります。なのでこれらの注文方法のように売買する同時に逆指値の設定もできるのだったら損切りも忘れずに設定できます。

コメントは受け付けていません。