IFD注文とは

shopping04_lIFD注文とは、新規と決済を同時に設定できる注文方法のことを言います。イフダン注文と読みます。これはたとえば、オーストラリアドルを90円で買うという新規注文と、91円で売るという決済注文をいちどにできるというものです。実際に90円に達し新規注文が約定すれば、自動的に91円で売る決済注文がなされます。つまり投資家自身がなにもチェックしていなくても、新たにポジションが発生し、利益確定ができるのです。チャンスを逃すことがなくなるということです。また、同じように損切りとしても利用できます。これで損を最小限に抑える取引ができます。通常の指値や逆指値では、新規か決済のどちらしかできません。すると投資家としては、常に注文の動向が気になってしまい、睡眠や仕事にも悪い影響が出てしまいます。そうした負担を減らすためにも、やはり注文は自動で行われるべきです。ただし、デメリットもあります。決済注文は利益確定か損切りの一方しかできません。したがって、思惑とは逆方向に為替が大きく変動することに注意を払っておかなくてはなりません。確実に運用するなら、損切りは自動設定にしておき、利益確定は手動で行うことが得策といえます。

コメントは受け付けていません。