OCO注文とは

市場でのトレードの手法としてOCO注文というものがあります。こちらは他の注文が1つの値を指定してそこまで来たら売買するのに対し、こちらはその売買対象を2つ設定してどちらかに来たらもう一方は破棄されて売買するという注文です。ただ、この注文はどちらかという新規で出すよりも既にポジションを持っている場合に指値と逆指値を設定する注文として使用することの方が多いでしょう。売買してすぐ設定する場合には指値の方はそして市場の流れを見てどこまで上がるか、そして自分的にはどれぐらいの利益を見込んだ方がいいか、逆指値の場合は流れを見てどこまで下がるか、そして損切りの範囲はどれくらいが我慢できるかで指定する値を決めましょう。そして自分の予想した通りに市場が進んでいる時もこの注文が使えます。ある程度上がっていたらどこまで上がるか、そして下がる場合にはどこら辺で利確をするかを決めましょう。ただしあまり消極的な値を指してしまうと利小損大、コツコツドカンをやりやすくなってしまいます。どこの値を指すのが的確は市場によっても変わるため正解というものはありません。ここでこそ自分らしいトレードができているかかが問われますが、とりあえず何かポジションを持ったらこの注文をするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。