指値注文とは

市場価格があらかじめ指定した価格に一致した際に取引されます。この注文では、前もって取引する為替レートを決めてそのレートを指定して注文を出します。その後為替レートが注文したレートに一致すると約定処理が行われます。スリップページの発生は非常に低くなります。またこの注文は、現在のレートより低い値段で買うか、または高い値段で売る際に使用します。決済時にこの注文を出す場合、それはリミット注文とも呼ばれます。ポジション保有中に、決済したい価格を指定すると、レートがその指定した価格に到達した場合にそのポジションが決済されます。相場の変動が激しく、成行注文を実行できない場合に、この注文を使用すると非常に有効となります。なお指値決済では、指定した価格よりも有利なレートであってもその指定した価格で決済されます。ポジションに含み益が発生し、その利益を確実なものとするためにある価格を決済価格として指定させたい場合に、この注文方法は非常に有効な注文方法であり、約定率は成行注文時よりもはるかに上回ります。しかし、レートが指定レートよりも良いレートに推移していく場合、相場状況に応じて利益を伸ばしていく、ということは難しくなります。

コメントは受け付けていません。