職業別、おすすめFX注文方法

職業別にFXの注文方法は変わるでしょう。主に、時間、職業適性の観点から、それぞれに適したおすすめの注文方法があります。

まずは、単純に時間です。短期的な取引を実践する場合、為替レートが大きく動く時間帯にいかに
取引することができる時間を確保できるかが大きな分かれ目になります。

たとえば、アメリカ市場における、経済指標の発表がある時間です。日本ではこの時間帯は深夜になります。毎月1回、
この日に取引をできる時間を確保できる職業、と考えると、定時に帰って確り情報収集をして、夜に備えられるような
比較的時間に余裕がある職業、職業別では公務員や自営業の方には向いているでしょうか。

また適性のあるのは、とにかく忍耐力や、目先の価格変動に狼狽しない気持ちを持っている職業の方です。
損をする局面もおおいですし、逆に値段が急騰する場面も良くあります。その時の経済状況を冷静に状況を分析し、
一喜一憂せずに売買できるのが理想的です。

職業別だと、企画系の方は、中長期的なビジョンを持ち自分の建てた計画を確り持ち続けられるので向いているでしょう。
逆に事務系や単発で労働する方は、逆に長い目で見ることを意識しておかないといけないでしょう。

コメントは受け付けていません。