トレール注文とは

shopping08_mトレードでの注文にはリアルタイムでそのまま注文する成行注文、指定した値まで来たら約定する指値注文、逆指値注文、売買すると同時に約定の値も設定するIFD、2つの売買注文を出すOCO、指値で売買注文を出した後、指値と逆指値で約定の値を決めるIFO注文といった注文が存在します。しかしそれだけでなく注文にはトレール注文というものもあります。これはトレーリングストップ注文とも呼ばれているもので、損切りとして設定するために逆指値注文がありますが、こけはその逆指値で指定した値をレートと同じ感覚で有利な方向へと変動させてくれます。例えば買い注文でポジションを持ち、そのまま市場が上昇トレンドになった場合には、その逆指値した値もそれと同時に上がっていってくれるという寸法です。売り注文だとその逆となります。そうして損失を最小限にしてくれるのがこの注文なのです。ただ、この注文はいつでも有効なわけではありません。これが有効なのはトレンドに乗っている時であり値動きが平行となっているレンジの相場では、逆に設定していると変なところで引っかかってしまう可能性があります。そういう意味では市場の値動きがどのようなものかを見極める視点が必要なので初心者で扱うのは少し難しい方法でもあるといえます。

コメントは受け付けていません。